【独立】銀座のド真ん中で美容師の理想郷をつくる!高橋英昇(コアレス)が語る、半年後の壮大な夢への実現。

2021.04.01

 

高橋英昇(たかはしえいしょう)さんと言えば、前髪と顔周りの「似合わせ力」で女性に支持され、誰もが知るトップインスタグラマー。現在Instagramのフォロワーは7万6000人超。2020年6月からはフリーランスに転向し、同年12月1日に銀座で「COALESS」をオープンしました。順風満帆のキャリアを捨てて、高橋さんが独立への道を選んだ理由とは。そして、半年後の壮大なプランについて教えていただきました。

 


 

同じ熱量を持った仲間が集まれば、もっと上を目指せる

 

 

僕はそんなに独立志向が強いタイプではなかったと思います。それでもなんとなく30歳くらいまでに独立したい気持ちはありました。独立する目的は、「お金を稼ぎたい」だとか「自分の城を持つ」とか人それぞれだと思いますが、僕の場合は「同じ志を持つ仲間と働きたい」というのが一番の理由です。

 

美容師としての価値観や働き方、ライフスタイルは人それぞれでいいと思います。僕は他人の価値観を否定するつもりはありません。それでも「もし同じ価値観、同じ熱量を持った仲間が集まったら、さらに高いモチベーションで働き続けられるんじゃないか」と感じていたんですよ。

 

そんな風に思うようになったのは、やはり自分がインスタグラムで発信するようになったことがきっかけでした。自分が理想とするサロンワークを意識すると、自ずとモチベーションの高い先輩の姿を追うようになりました。その先輩は常に一歩先のトレンドとビジネスを見据えていました。高いパフォーマンスを発揮するためには、戦略を練り、そのための事前準備や、日々の努力が欠かせません。仕事に全力投球する先輩の立ち振る舞いはサロンの中で一際秀でた存在で、圧倒的な集客力と営業力でトッププレイヤーの道をひた走っていました。

 

 

先輩の姿を追い続けながら、いつしか「同じ熱量を持った仲間と働きたい」と思うようになりました。そして理想に近づくには、今の環境に甘んじることなく、新しいステージへ挑戦していかなければダメだと思いました。なにがなんでも独立したかった訳ではありません。自分自身はプレイヤーとして純粋にサロンワークに集中したかっただけ。その環境を実現するための布石として、新しい道へと駒を進めることにしたんです。

 

>業務委託で収入が増えたが、心から満足することはなかった

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング