僕らの青春バイブル『週刊少年ジャンプ』熱血ファンの美容師たちが語る推しマンガとは?

2020.07.27

 

新型ウィルス感染拡大防止のための自粛期間をきっかけに、おうち時間が増え、マンガを読んだりアニメを見たりする時間が長くなったという美容師さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

マンガをこよなく愛するはんぺんさんことREDEAL/中村雄樹さんにインスタでアンケートをとってもらったところ、少年マンガの王道『週刊少年ジャンプ』に連載しているマンガを熱心に読んでいる美容師さんが多い模様。

 

そこで、今回は週刊少年ジャンプを愛する美容師さんたちが大集合! それぞれの推しマンガについてZOOMで熱く語っていただきました。『週刊少年ジャンプ』の何がそこまで、美容師さんたちを惹きつけるのか? 今回は、ジャンプの中でも特におすすめのマンガがみなさんあるということなので、それぞれ担当を決めてそのマンガについて熱く語っていただきます。みなさんの推しマンガは以下のとおり。

 

<それぞれの推しマンガ>

■REDEAL 中村雄樹さん

『NARUTO-ナルト-』

■PONO 茂木慎一さん

『DRAGON BALL』

■hair salon SALT 久保慎悟さん

『ジョジョの奇妙な冒険』

■SHIHOさん

『鬼滅の刃』

■イラストレーター美容師TAKUOさん

『ONE PIECE』

 

さっそく、熱いトークのスタートです!

 


 

週刊少年ジャンプ大好き美容師それぞれが感じるマンガの魅力とは?

 

 

ーーまずは、みなさんと少年ジャンプとの出会いから教えていただけますか?

 

茂木:僕は、小学生のときです。大好きなDRAGON BALLとの出会いは単行本が先です。親の知り合いがラーメン屋さんをやっていて、そこに単行本が置いてあったんですよ。

 

DRAGON BALLと出会ったころの茂木さん

 

-昔ながらのラーメン屋さんには、なぜか豊富にマンガ置いてありますよね。

 

茂木:はい(笑)。そのラーメン屋に行くと、あまりにも熱心に読んでいたものだから「あげるよ」と店主が全巻くれたんです。そこから全42巻通しで10回以上は読んでいますね。

 

久保:茂木さん、すごいリピーターですね(笑)僕のジャンプ歴は、小学生からですね。あんまりコミック雑誌を買ってもらえる家庭ではなかったので、公園のベンチで友達とジャンプを読んだのがきっかけで好きになりました。それから時を経て高校生になり『ジョジョの奇妙な冒険』にハマりましたね。

 

ジョジョの奇妙な冒険にはまっていた頃の久保さん

 

TAKUO:高校生でジョジョの世界がわかるってすごい! 僕は、社会人1年目に見始めたので、かなり遅いんですよ。というのも、子どもの頃はいわゆるニッチなものを読んでいて、少年マンガの王者ともいえるジャンプとの出会いは大人になってからでした。

 

『ONE PIECE』はアニメをやっていたから知っていて。ある日仕事帰りにコンビニでふとジャンプを手に取ってみたら、なんと主人公ルフィの兄で人気キャラクターのエースが死んでしまうところで、超衝撃を受けて! 「やばい、なんでこんなことになってるの? 遡って読まないと!」と思って、単行本を全巻購入し、そこから本誌も毎週読むようになりました。

 

-今回メンバーで唯一女性のSHIHOさんはどんなきっかけだったんですか?

 

SHIHO:私は本当につい最近、半年くらい前に初めて少年マンガというものを読んだというくらい歴は浅くて…。

お客さまがみんな『鬼滅の刃』を読んでいるので「これは話についていかないと」と思って読み始めました。アニメを見たり単行本を買って読んでいたりしたのですが、とにかく早く続きを読みたいくらいハマってしまって、最終的には毎週本誌を買うまでになりました。

 

中村:わかる! 僕は『NARUTO-ナルト-』が好きなんですが、最初はアニメから入ってハマりました。でもアニメって単行本や連載に比べるとだいぶ内容が遅いから、本誌を読んでいる友達の話題にはついていけなくて悔しかった思い出がある(笑)。

 

ーーその悔しさ、わかります(笑)。他の少年マンガにはない、ジャンプならではの魅力ってありますか?

 

茂木:やっぱり、僕は“王道”なところが好きです。TAKUOさんとは真逆ですね(笑)。他の少年コミック誌に比べるとバトル系マンガが多くて、主人公が強い敵をどんどん倒していく流れがやっぱりいいんですよ。

 

久保:たしかに、強い敵が現れてそれを倒していくというストーリーは、わかりやすくて爽快でいい! 『少年ジャンプ』って言うくらいだから、少年が好きなものが集まっているよね。

 

SHIHO:私は、「仲間が力を合わせる」とか「力を合わせて頑張れば、絶対大丈夫なんだ!」とか、仲間の描き方がハッピーなものが多いなと思いました。女性向けのマンガとは”仲間”の描き方が異なるけど、その分、ガッツのある女性は少年マンガが好きだと思います。

 

>夢を口に出して語る習慣少年ジャンプの登場人物たちに共感!

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング