シャイすぎて接客ができないところから最速デビュー&初月から3カ月連続150万を達成―ACQUA嶋山豪さん U29次世代美容師―

2021.11.16

 

業界から注目される29歳以下の美容師のサクセスストーリーから、成長のヒントを「美容師のタマゴ」へお届けする企画「U29次世代美容師」。今回はACQUA表参道で昨年の1月にスタイリストになった嶋山豪さん。嶋山さんは社内最速デビューを果たし、記録的な売上も達成。スタートダッシュを切りました。ACQUAで高水準の技術を習得しつつ、Instagramでの発信などもこなすハイブリッドな新世代美容師である嶋山さんのデビューに向けて行った努力や戦略、デビュー後の集客術について等を伺います。

 


 

社内最速かつ、3カ月連続150万、170万、250万の売上を記録

 

 

僕は今25歳なのですが、一昨年10月にジュニアスタイリストに、その後3カ月でスタイリストになりました。ACQUAでは、ジュニアスタイリストからスタイリストになるためにはカットチェックに合格して3カ月連続で指名売上100万円を達成しなければならないのですが、ぼくは社内では最短となる3カ月でスタイリストになった形です。

以前、ACQUAで最速デビューした先輩がメディアの取材を受けるなど注目されていたのを見て、自分も!と戦略的にInstagramに取り組み、集客には力を入れていました。

 

 

僕は売上が、1カ月目は150万、2カ月目は170万、3カ月目は250万だったのですが、Instagramの力なくしてはできなかったと思います。

僕のInstagramでは、お客さまのスタイルを載せ続けているので、フォロワーさんの中に占めるお客さまの割合が多いタイプの美容師だと思うのですが、アシスタントの頃からフォロワー数を増やす努力はしていて、営業後のモデルカットに影響力のあるインスタグラマーを迎えることもありました。もちろん、一筋縄でいくわけではなく、何十人何百人と声をかけた中で応じてくれた人が何人かいたのですが、料金もいただいた上でのモデルだったので、常に真剣勝負で挑んでいました。技術の鍛錬はしっかりしているつもりです。モデルになってもらったインスタグラマーの方はスタイリストになった今でも通ってくださっています。

ありがたいことに、デビュー後の3カ月間は予約が1〜2カ月先まで埋まっていたのですが、1カ月目より2カ月目、2カ月目より3カ月目と売上を伸ばしていくために、予約の調整はしていました。

 

人と同じでは埋もれてしまう……誰もやっていないブリーチなしカラーの配合を研究

 

 

デビューと同時にここまで支持を集めることができたのは前髪カットとブリーチなしカラーというとっつきやすいメニューを打ち出しているのが大きいと思います。

今はハイトーンが流行っていますが、学校や職場が厳しかったり、ブリーチはハードルが高いという方はまだまだたくさんいらっしゃいます。ブリーチなしのワンカラーだとハードルも低いので「やってみようかな」という風に思っていただきやすいんです。

確かな技術を持つスタープレイヤーばかりのACQUAの中で、みんなと同じことをやっていたら埋もれてしまいます。他の人がやっていないことをやろうと考えた結果がブリーチなしカラーでした。

僕はブリーチなしでどれだけ透明感のあるカラーにできるかにこだわっているのですが、営業後はひたすらモデルさんを呼んで新しいカラーの配合を試してみる毎日です。アシスタントだった当時は社内に同じことをやっている先輩もいなかったので独学で、今もYou Tubeやオンラインサロンなどで他の美容師さんの配合を学んで、そこをミックスしながらやっています。

 

大人気の透明感のあるブリーチなしスタイル

 

もう一つの売りは前髪カットなのですが、前髪はやっぱり悩みを持つ人が多いジャンルですよね。

加えて、僕は似合わせも得意なのですが、僕のお客さまはミディアムやボブの方が多いので、よりお客さま自身が変化を感じやすいよう。顔周りのデザイン、前髪カットに力を入れています。

 

 

>シャイすぎて接客ができない! 実は2年目まではクリエイティブ命だった

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング