人気サロンの採用担当者が語る採用のポイント「ASSORT」編

2019.03.06

 

就職を目指す美容学生や転職者に向けて、人気サロンの採用担当者が採用のポイントを語るシリーズ。「想いと行動がつながっている人は、美容師として売れるための動きもスムーズにできる」と語られた「Violet」編に続き、今回は「ASSORT」の採用を担当する、小林Ken(こばやし けん)さんに直撃します。

 


 

新卒者に対しては個性と社会性のバランスを重視

 

-新卒者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

・個性

海外留学やユニークなアルバイト経験など何か一つ周りの人と差がつく経験をしている人や、個性的なキャラクターの人は面白いですね。例えば、スナックで働くなかで自然と接客を身に付けてきた人もいれば、ガソリンスタンドで働いた経験を元にその接客を面接で披露した人もいました。

 

・社会性

大体みんなできていますが、人の目を見て話す、姿勢、振舞いなどの基本的な社会性の有無に加え、事前に伝えてある3分間スピーチの課題に対して、どれだけ内容・時間を合わせてこられるかを見ています。そこにきちんと練習してきたかどうかの差が出ますね。

 

-中途の応募者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

・英語力

一度美容師を辞めて違う職種を経験した後に再び美容師を目指す人、大学卒業後に一般企業に就職してから美容師を目指す人、年齢を重ねてから美容学校に入学した人など、中途採用を受ける人の経歴はさまざまなのですが、英語が話せることを最優先事項にしています。ASSORTは外国人のお客さまが多く、海外にも出店していますし、英語が話せる方が今後の活躍の幅も広がると思います。

 

明確なキャリアプランを持っている人は◎

 

-採用担当者として思わず好印象を抱くポイントについて教えてください。

 

・具体的なキャリアプランが構築できる人

「なんとなく」ではなく、将来目指しているものが明確なうえでキャリアプランを構築できる人は好印象です。特に中途で応募する人に関してはある程度キャリアがあるので、そこはきちんと逆算して考えられる人のほうがいいですね。

 

 

-採用された方に共通している点はありますか?

 

・意志や目標が明確

やりたいこと、目指しているものが明確という点です。誰でも入社して数ヶ月ないし数年は迷う時期があると思いますが、「こうしたい」という明確な想いがあれば我々も応援したいと考えています。

 

・多様なキャラクター

毎年新卒を採用するときに心がけているのが、同じような子は何人も採らないということです。例えば全員が熱いタイプである必要はなく、それぞれのキャラクターのバランスが取れることが大切だと思っています。それによって幅広い層のお客さまを受け入れられるだけでなく、横のつながりにおいても視野が広がりますし、あらゆる考え方を受け入れる習慣がつくと思います。

 

>緊張するのは仕方ないけれど、ある程度の備えはしてきてほしい

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング