名ばかりの店長だった私の意識が変わった日—FAVORITE GARDEN 黒田沙織さんの「このサロンで働く理由」—

2018.05.10


次世代のサロンリーダーを期待される若手スタイリストに聞く「このサロンで働く理由」。今回は鳥取県米子市の『FAVORITE GARDEN』へ。都市部から遠く離れたサロンでありながら、全国の美容師さんに名前を知られています。このサロンで、オーナー・齋藤隆志(さいとうたかし)さんの右腕として店長をがんばる黒田沙織(くろださおり)さんの、働く理由をうかがいます。なんでも昨年県外に2店舗目がオープンしたことをきっかけに、黒田さんの気持ちや仕事にも大きな変化があったとか!

 



思い返せば貴重な体験だらけだった新卒時代

 

FAVORITE GARDENには、学校の実習で行かせてもらったのがきっかけで入社しました。確かサロンがオープンして4周年のときだったと思います。それから先輩たちが独立などで退社され、3年ほど前から私が社歴の一番長いスタッフになりました。今は店長を任せてもらっています。

思い返せば、入社してすぐの右も左もわからない頃から、オーナーの齋藤にはいろいろな所に連れて行ってもらっていました。セミナーや撮影、東京の出版社に作品を持ち込みに行くのにも同行させてもらっていました。当時はそれが当たり前なのかなと思っていましたが、周囲のことがわかるようになった今では、すごくありがたいことだったと思っています。

入社当時からFAVORITE GARDENでは作品撮影が頻繁に行われていて、夜遅くまで手伝いで残ることも多かったです。そういった活動についても「どこの美容室もそうしているんだろう」と思っていて、「大変」と思うこともなかったです。そのうち自分でも当然のように撮影やクリエイションをやるようになり、「こうしたらかわいいだろうな」というイメージが自然と浮かぶようになっていきました。


転機は去年。県外に2店舗目がオープンして

 


今話してきたように、私はなんとなく美容師の仕事を選んで、なんとなくFAVORITE GARDENに入社したような、すごくのんびりした新入社員でした。こういう美容師になりたい、というイメージがなかった分、齋藤が築いてきたサロンの風土に、そのまま身を任せるようにして育っていきました。

大きな転機は去年。FAVORITE GARDENの広島店がオープンしたことです。広島店の計画を聞いたときには、県も違うし、遠いし、すごくびっくりしましたね。オープン後、齋藤はほとんど広島のサロンに行きっぱなし。店長の自分が中心になって、米子のサロンを回すという状況になりました。

それまでは店長といっても、実質名ばかりの店長だったんです。

齋藤がいるから私は自分のことをとにかくやっていればよかった。いなくなって初めて、「私がやらないと」という意識を持つようになりました。

 

>転機によって黒田さんの店長資質が開眼!

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング