育児と仕事の両立するママ美容師のキャリアとは? 人気サロンの女性美容師4人に聞いた「産休育休を経て変化したこと」

2020.03.24

 

女性美容師の活躍が増え、産休育休を取得する人も増えてきました。産休育休を取れば、長期間サロンワークを離れ、育児と仕事の両立は時間的制約など今まで通りにいかないことも出てきます。一方で、「産休・育休が、美容師という仕事を見つめ直すきっかけになった」「ママになったことで、仕事への向き合い方に変化があった」というママ美容師もいるよう。ママになる体験は、美容師のキャリアにどのような変化を与えるのでしょうか?

 

そこで今回は、育児とサロンワークを両立する人気サロンのママ美容師に、産休・育休前に不安だったことや取り組んだこと、そして育児と仕事の両立で自身が変化したことを伺いました。

 


 

<目次>

 

>仕事があるから、子どもとの時間もハッピーになる。美容師も育児も一生懸命に楽しんで! -BEAUTRIUM 桜井円さん

>今の自分のほうが生き生きしている! 仕事も育児も、楽しんだもん勝ち! -kilico. 佐藤麻衣子さん

>産休育休があったからこそ、お客さまに必要とされていると強く感じられた -broocH 杉山由夏さん

>今までとは「違う人生」を体験したことで、より「寄り添う」スタイルに変化 -MINX 新津百合恵さん

 

 

仕事があるから、子どもとの時間もハッピーになる。美容師も育児も一生懸命に楽しんで! -BEAUTRIUM 桜井円さん

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

産休期間:2019年1月(約1カ月)

育休期間:2019年2月〜4月(約2.5カ月)

合計期間:約3.5カ月半

 

―サロンやお客さまにお伝えした時期は?

サロンに相談したのは、安定期に入ってすぐの妊娠5カ月。お客さまへは、お腹が目立ってきて妊娠していることが周りにもわかるようになった7カ月ごろからお伝えしました。

 

―出産前に不安だったことは?

保育園。出産前に4月入園申し込みをしていましたが、出産予定日が1日でも遅れると申し込み取り下げとなってしまう日でした。保育園に入れなければ復帰も遅れてしまうので、予定日から遅れることがないかがとにかく不安でした。

 

―出産前に準備したことは?

スクワットやウォーキング、針灸など、予定日に出産するためのことをできる限りたくさんやりました。結果、無事予定日より早い出産で保育園にも入れました。お客さまには産休前に「産んですぐ復帰します!」とお伝えしていて、あまり信じていない方もいましたが、有言実行できてよかったです(笑)。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

仕事が終わったらお迎えにダッシュ! 一日があっという間の日々

 

育児とサロンワークを両立するようになってからは、17:00までの時短勤務になり、仕事が終わったらダッシュで子どものお迎えに。保育園から帰ってからも、家でやることがたくさんあり、一日があっという間に感じるほど忙しい日々です。時短勤務にしたことで、サロンワークに立てる時間も変わりましたが、私の勤務時間に合わせて来店くださるお客さまには感謝しかありません。

 

サロンワークでは、今までも経験と知識に基づいたご提案をしてきましたが、同じような環境のお客さまに対しては、自身が出産や子育て体験をしたことで、より実感を持ってご提案できるようになりました。

 

例えば、妊娠すると薄毛や髪質の変化で悩む方が多いのですが、妊娠初期のお客さまに「妊娠中・後期の変化も考慮して、今は髪を梳くのはこのくらいに抑えておいたほうがいいですよ」と提案したり、出産で髪質が変化した方には「元に少しずつ戻していくまでこんなケアをしましょう」と提案したりしています。

 

また、子育て中は髪のセットに時間をかけられないので、乾かすのが楽な髪型をご提案したり、髪を結びたい場面も多いので、短くするにしても「これくらいなら結べますよ」という提案をしたりすることもあります。

 

時間的制約にもどかしく思うこともあるけれど、両立を選んでよかった

 

私はこれまで「サロンワークを大切にしながら幅広く活躍する美容師でありたい」とずっと思っていました。サロンワーク以外のヘアショーや撮影などのお仕事にも幅広く取り組み、ときには夜遅くなることや早朝から活動することもありましたが、それも楽しかったんです。

 

今は時間的制約によってヘアショーやヘアメイク、撮影などは朝だけの対応のものにするなど、できることを選ぶ必要が出てきています。正直、本当はもっといろいろやりたいと思っている自分もいて、制限なく取り組める後輩を見てもどかしくなることもあります。でも、仕事と育児の両立を選んでよかったと思っています。

 

制限があっても早くに復帰したかったのは、仕事が好きなのはもちろんですが、子どもと過ごす時間をハッピーにしたかったから。先輩ママから「24時間ずーっと子どもと一緒だと、ストレスがたまる」と聞くことが多かったんです。自分自身、仕事をしているからこそ、内向きな感情やストレスを解消でき、子どもと一緒にいるときは真心込めてまっすぐに向き合えるのではないかと思っています。

 

美容師も育児も一生懸命に楽しんで、夢をかなえて!

 

今後、子どもが大きくなって時間的に自由がきくようになってきたら、また美容師として幅広く活動したいと思っています。さらに、今まで以上にお客さまに満足いただけるサロンワークはもちろん、ママ美容師向けの講習会や妊娠・出産に関わる髪のお悩みに関する講習会など、ママ美容師だからできることもやってみたい。そのためにも、今は今できることでサロンワークや撮影も育児も、思いっきり楽しみたいと思っています!

 

美容師だって、育児と両立できます! これから出産や育児と仕事の両立を考えている方は、家族やサロンのスタッフ、お客さまとコミュニケーションをしっかりとって理解してもらってください。そして、もちろん自分も努力する。感謝の気持ちを忘れずに、一生懸命に美容師と育児を楽しんで、夢をかなえましょう!

 

プロフィール
BEAUTRIUM
Manager Hair & Make up Stylist/桜井円(さくらい まどか)

1995年BEAUTRIUMに所属。ファッション誌・TVなどの業界でも幅広く活動し、多くのファッションモデルやアーティストを手掛ける他、ビューティー関連商品の開発アドバイザーなども務め、プロダクツ制作なども手掛ける。女性ならではの感性でビューティーシーンを捉え、リアル感のあるヘアースタイルを提案し、幅広い層に絶大な人気を誇る。一児の母となった今、仕事も子どももイチバンをモットーに、さらなる活躍の場を広げる

Instagram:@sakuraimadoka

 

>産前は仕事のことを考える毎日だったというkilico.佐藤さんが出産を経て感じた変化とは?

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング