コスプレイヤー美容師の陽己さん「趣味も仕事も両立できる環境へ」

2018.02.06

 

以前、QJnaviDAILYで取材したオタク向けサロン、「OFF-KAI!!」に新しいスタッフが加わりました。コスプレイヤーとしても活動中の陽己さん。

コスプレイヤーだからオタク向けサロンへ転職かと思いきや、実は美容業界で長く働くための転職でした。レイヤー美容師誕生の裏側に迫ります!

 


 

−陽己さんの美容師歴はどれくらいなんですか?

 

高校卒業してから美容師になったので、美容師歴14年目になります。厳密に言うとOFF-KAI!! 入社直前は婚礼のヘアメイクをしていたので、美容師としての歴は少し変わりますが。

 

−美容師を目指したきっかけは?

 

親が美容師を経営していたのですが、「(美容師ではない職業で)普通に生きていいよ」と言われていましたし、私も小学校の卒業文集に「美容師にはなりたくない」と書いていました(笑)。

 

でも高校で進路を考えたにとき、デザインや作る分野に興味が出てきて、「美容師いいかも」という気持ちが目覚めて美容の道に進んだんです。

 

 

−コスプレはいつ頃からはじめたんですか?

 

コスプレに目覚めたのは中学生のとき。

今も好きですが、当時T.M.Revolutionにハマってライブに行ったときに、T.M.Revolutionのコスプレをしているお姉さんを見てかっこいい!思ったのががきっかけです。でも当時ネットがそんなに発達していなかったので、既製品の服をアレンジしたり、地毛をどうにかしたりと見よう見まねでした。

 

そこからコスプレをずっと続けたわけではなく、そのときで一旦コスプレはしなくなったんです。20代前半は普通の洋服にお金を一番使っていましたし。

20代後半になってから、自由に使えるお金が増えたことと、仕事の休みを工面しやすくなってきたことで、またコスプレ熱が再燃して、今に至る。という感じです。

 

艦隊これくしょん~艦これ 戦艦陸奥

モンスターハンター・ナルガクルガ装備(コミケ撮影)

 

−先ほど婚礼のヘアメイクのお仕事をされていたとのことですが、OFF-KAI!!に転職した理由をお聞かせください。

 

婚礼の仕事はとてもやりがいを感じていたし、もう美容師には戻らないとも思っていたんです。

ですが当時社内の雰囲気があまりよくなかったのと、雇用形態がアルバイトだったんです。婚礼は繁忙期と閑散期にすごく差があり収入にムラがあって、長くは続けられないと思いました。

 

美容の仕事は続けたいけど、安定した場所……正社員で働いて、趣味も続けたい、おいしいとこどりしたい! とモヤモヤ考えていた時期に、存在は知っていて気になっていたOFF-KAI!!が女性スタイリストを募集しているとのTwitter

のつぶやきを見つけて、ここでなら、とピンときて応募してみました。

 

−OFF-KAI!! には実際に足を運んだことはありましたか?

 

実は行ったことがなかったのですが、お店を見学させてもらったときに、オタク向けと言いつつ、内装はキレイで落ち着いているし、雰囲気がとてもしっかりしているな安心したんです。あとは、本当にイラストと漫画がたくさんあるんだな〜と(笑)。

秋葉原は元々買い物にも行く好きな場所でしたし、好きな街で好きなこと(仕事も趣味も)ができる環境ってここしかないと思いました。

その後採用してもらって、2017年12月から勤務を開始しましたが、実際2カ月近く働いてみて、お客さまと趣味の話がたくさんできてとても楽しいです。楽しみながら仕事ができる環境ってモチベーションが全然違うのを実感しています。

 

 

>美容師をしながら趣味を続けのは難しいの?

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング